桐谷美玲並みの華奢なボディに!二の腕痩せの3つのコツ 2015/07/14



 

 

 

 

 

 

モデルさんと言えば、誰もがスリムでスタイル抜群!
ですが、中には外国人風のスタイルの方と、
華奢という言葉が似合う方とがいますよね。

 

 

 


そんな「華奢」という言葉がしっくり来るのが、
桐谷美玲さんです。
彼女の細さは、簡単には真似できないものですね。

 

 

 


ですが、誰もが簡単に「華奢な女性」を演出できる、
体のパーツというのがあります。
それが二の腕。
二の腕がほっそりしていると、
それだけで華奢に見えてしまうものです。

 

 

 

二の腕痩せというのは、意外と難しいもの。
そこで、この二の腕痩せを実現するための、
3つのコツを紹介します。

 

 

 

 

#その1:ウォーキングで二の腕ダイエット!

 

 

 

 

二の腕ダイエットというのは部分痩せの方法ですが、
やはり体全体を引き締めないと、腕だけが不自然に痩せる、
なんてことはあり得ません。

 

 

 

そこで、まず必要になってくるのが運動ですね。
運動が苦手な方でも、気軽に取り組めるのが、
ウォーキングです。
このウォーキングの際、何も考えずにただ歩くのでは、
二の腕の筋肉はほぼ使われません。

 

 

 


そこで、ウォーキングの際に腕を高く振り上げましょう。
ただ振り上げれば良いというものではなく、
この時、腕を後ろに引くような感覚で上げていくと、
さらに効果が期待できます。

 

 

 

 

後ろに引くことで、普段使われない部分の筋肉が、
効率良く動かされて引き締まります。
そうすれば、二の腕のたるみが解消されるのです。

 

 

 


しかも、腕を後ろに引けば肩甲骨が動かされます。
肩甲骨付近には、褐色脂肪細胞というものが集まっており、
これを刺激することで痩せやすい体になれる、
なんて言われています。

 

 

 

二の腕痩せはもちろんのこと、
ダイエットの面で多くのメリットが実感できる、
オトクなウォーキング法なので、
実践してみる価値はあるでしょう。

 

 

 

 

#軽めの負荷でダイエットエクササイズ!

 

 

 


二の腕は、外側の筋肉はよく使うものの、
内側の筋肉があまり使われません。
そのため、たるみなどが起こりやすくなるのです。

 

 

 


そこで、軽めの負荷を使って内側の筋肉を鍛えましょう。
重い負荷を使用すると、ムキムキになり、
逆に「ごつい腕」になってしまう可能性があります。
500mlのペットボトルに水を入れ、
これをダンベルにすると良いですね。

 

 

 

鍛える方法は、肩幅に開いてダンベルを片手に持ち、
30度ほど腕を真横に上げて、手の平を後ろに向け、
この状態でねじりながら10回後ろに振り上げます。
詳しい方法は、以下に掲載されているので、
チェックしてみてください。

 

 

 

二の腕痩せの方法【http://start-diet.com/%e4%ba%8c%e3%81%ae%e8%85%95%e3%82%92%e7%b4%b0%e3%81%8f%e5%bc%95%e3%81%8d%e7%b7%a0%e3%82%81%e3%82%8b%e6%96%b9%e6%b3%95/

 

 

 

 

#その3:リンパマッサージでダイエット!

 

 

 


二の腕というのは、意外と老廃物が滞りやすい部分です。
二の腕を握ってみると、凸凹とセルライトが出てくる、
という方は老廃物がたっぷり溜まっているかもしれません。

 

 

 


そこで、そんな老廃物を取り除く、
「リンパマッサージ」を実践してみましょう。
リンパマッサージというと難しそうに感じますが、
方法はいたって簡単です。
道具も、難しい技も、力も不要です。

 

 

 


体のゴミ捨て場と呼ばれるリンパ節は、
ワキにあります。
ひじからワキに向かって、優しくゆっくりと撫で上げる。
これだけでも、リンパケアができるのです。

 

 


ただし、この時には摩擦を防ぐため、
クリームやジェル、オイル等を使用してください。
美肌効果のあるコスメを用いてマッサージすれば、
二の腕ダイエットと同時に美肌も実現できるので、
トータルビューティーに一歩近づけますね!

 

 

 


簡単なマッサージでも、毎日行えば変わるものです。
力は入れず、優しく丁寧に。
これを心がけ、毎日、入浴中やお風呂上りに実践してみましょう。

 

 

 


入浴中やお風呂上りは血行が良くなるので、
特にリンパマッサージの効果が得られやすくなります。
半身浴でじっくり湯舟に浸かりながら、リラックスしてマッサージ。
そんなことを毎日の習慣にするのも素敵ですね。

関連するカテゴリ

関連するタグ