着膨れせずに温かいをキープする方法 2015/01/30





寒さが厳しいと、ついつい防寒のほうにベクトルが向いてしまい
オシャレは二の次になってしまったりしますよね。




あまりに防寒対策をしすぎると、
着膨れてモテとは真逆の方向に行ってしまうこともしばしば。




着膨れせずにしっかりと体を温めてモテ度とオシャレもキープする方法は必須!




ということで、その秘訣をモデルの撮影現場から学んだのでご紹介させて頂きます!




 

●過酷な撮影現場



雑誌の撮影現場では季節外れな洋服を着ることが多いモデルさんたち。



撮影から雑誌の発売までは日数が掛かるので、
どうしても真夏に秋冬ファッションを着たり、
真冬に春夏ファッションを着たりする必要が出てきます。





真冬に春夏ファッションを着る場合には、
直前までダウンを羽織って足元は膝掛けでぐるぐるに
という完全防備の恰好でジェットヒーターで暖を取るのですが、
撮影が始まると当然ながらそうした防寒は出来なくなってしまいます。





極寒の寒空の下、薄い春夏ファッションに身を包んで
笑顔を絶やさないモデルさんを見ると、一見華やかな職業ではありますが
実はかなり体力勝負の過酷な職業でもあるので、
そこで使われている防寒テクは確実に




「着膨れせずに温かいをキープする」


方法と言えます。





 

●必需品はホッカイロ




着ている洋服をキレイに見せつつ、
見えない部分で体を温めてくれるので現場では、
ホッカイロがかなり重宝。





貼るホッカイロをお腹と腰に貼って前と後ろの
両サイドから温めると寒さがかなり凌げるのでおすすめですよ。





また、体の末端である足先もジンジンと冷えて辛いので、
つま先用のホッカイロも必須アイテムです。






その他にも、継続して人気なのが「めぐりズム」の蒸気の温熱シート。
肩甲骨に貼る温熱シートですが、
肩甲骨を温めると体全体がいっぺんに温まっていくのが分かりますよ!




 

●温かいドリンク



また、撮影現場で欠かせないのが温かいドリンク。
特に人気なのが体を温める効果のあるココアや紅茶、お味噌汁など。





チューブのしょうがを自分で用意して、
ドリンクやお味噌汁に混ぜているモデルさんもいましたよ。




ホットコーヒーは温かいドリンクだけど
体を冷やす作用があるので冬場はあまりおすすめできません。




 

●撮影現場スタッフの防寒対策





冬の撮影現場ではモデルさんもかなり大変なんですが、
なかなか暖を取ることが出来ないスタッフもかなり大変なので、
防寒対策は参考になるかもしれません。






撮影現場スタッフの防寒対策はというと、
ホッカイロはもちろんヒートテックなどの素材のインナーを
とにかく重ね着するというのが一般的。





ヒートテック素材のタイツ、腹巻き、キャミなど様々なアイテムを駆使すれば
見た目に響かない防寒対策が取れるのでおすすめですよ!



今年の冬も寒さが厳しいので、
しっかりと防寒しつつオシャレとモテ度はキープしましょう♪



 

関連するカテゴリ

関連するタグ