リセット力こそ幸せの秘訣 2015/02/03





なんだか知らないけど、いつも幸せそうな人っていますよね。
逆に、傍から見れば十分幸せそうな条件は揃っているのに、
なぜか不幸せそうな人も。その違いを生むのは「リセット力」。




つまり、いつも幸せそうな人は何事につけても「リセット力」が優れていて、
いつも不幸せそうな人は「リセット力」がないために
ズルズルと惰性で物事を続けがちで不幸なままなんです。



幸せになるために身につけるべきリセット力をご紹介します。



 

●物を溜めない



断捨離という言葉がブームになったこともありますが、
いつも幸せそうな人は物を溜め込むということをしません。




不必要なものをポンポン買ったりしないし、
余分なものはその都度きちんと処分しているものなんです。





風水では物を溜め込むと運気が停滞するという説もあるほどで、
幸せになるためには物を減らして風通しを良くすることが大切なんです。
「もう2~3年使っていないな」とか「元彼にもらったもの」など、
使わなくなったものや嫌な思い出を思い出させてしまうものは
思い切って処分しましょう。





捨てる捨てないの判断基準は、買った時の値段ではなく、
それに対する自分の感情がネガティブなものかどうかです。




 

●人間関係を見直す




友人でも恋愛関係でも、何となくズルズル続いてしまう関係ってありますよね。




「学生時代からの友人だけど、最近話題が合わなくなって来たし、
悪口ばかり言う彼女と会った後はドッと疲れてしまう」とか、



建設的な付き合いが出来ていないにも関わらず長い付き合いというのを理由に
惰性で人間関係を続けているパターンは結構多いみたいです。





ですが、人間関係にも断捨離は必要。
ズルズルと惰性で付き合うことを思い切ってストップしてみましょう。





人間関係を断捨離というとドライな響きがしてしまいますが、
誘われた時に「誘ってくれてありがとう。行きたいけど仕事が入っていて」
と断る勇気を持つだけです。





なんとなく気分が乗らないけど行くという曖昧な態度をやめて、
自分の気持ちに正直になると、もっと良い人間関係に出会うことが出来ますよ。





 

●気持ちをリセットする



いつも幸せな人は、「気持ち」という見えないものをコントロールするのが上手。
悲しいことがあっても、ずっと引きずることがなく、
一旦は悲しんだとしてもすぐに立ち直って前を向いて進んで行く強さがあります。




幸せとは、自分の気持ち次第。




自分以外の要因で辛いことや悲しいことがあったとしても、
その気持ちを改善するのは自分の責任なんです。



だからこそ、他ならぬ自分の性格をしっかりと把握して、
どういうことをしたら自分が幸せを感じるのか、
またどういうことをしたら自分の気持ちが上がるのかという、
自分の気持ちをコントロールする術を見つけておくことが大切なんです。
 



「リセット」力を高めて、毎日の生活をもっとより良いものにして行きましょう♪



 

関連するカテゴリ

関連するタグ