​明日できる8時間ダイエットで痩せよう 2015/02/06



 
痩せたいけど厳しい食事制限や運動はイヤ!という人におすすめなのが、
「8時間ダイエット」。





8時間ダイエットとは、文字通り、食事を摂るのを1日8時間に限って、
残りの16時間は何も食べないというシンプルなダイエット法。





8時間は好きなものを好きなだけ食べて、残りはプチ断食状態にするという
メリハリの効いたダイエット法で、辛い食事制限や運動ナシで
スルスルと簡単に痩せていくと話題なんです。




 

●8時間ダイエットのルール



8時間ダイエットは1日の食事を8時間の間に済ませるだけという
究極にシンプルなダイエット法です。



朝ご飯は何時、ランチは何時と厳密に決まっている訳ではなく、
朝11時に朝ご飯を食べたら夜ご飯は午後の7時までに済ませる
というような決まりになっています。



この8時間ルールさえ守れば、カロリーを気にすることなく好きなものを好きなだけ
食べて大丈夫なので、ダイエット中は食欲を我慢するのが何よりも辛いという人、
ダイエット中のキツい運動は絶えられないという人におすすめですよ。




何を食べても大丈夫な8時間ダイエットですが、
積極的に摂るべき食材というのが実は存在します。


8種類のスーパーフードのうち1日2種類を摂るようにすると、
よりダイエット効果が高まるそう。




<8種類のスーパーフード>
・卵、脂身の少ないお肉
・ヨーグルトやチーズ、牛乳などの乳製品
・アーモンドやくるみなどのナッツ類
・豆腐や納豆などの豆類
・いちごやブルーベリーなどのベリー類
・りんごやオレンジなどの色の明るい果物
・玄米などの穀物
・ほうれん草やブロッコリーなどの緑黄色野菜

そして、残りの16時間は食べることそのものが禁止されているので
水分以外の摂取は絶対にNGです。





 

●8時間ダイエットを成功させるには




シンプルなダイエット法で、食事制限やキツい運動とは無縁なので
成功しやすい8時間ダイエットですが、
「働いていたら、朝11時に朝ご飯食べて、夜7時に夜ご飯食べるなんて無理!」
とか「残りの16時間、空腹を我慢することが出来るの?」
という問題もありますよね。



そこで、8時間ダイエットを成功させるコツをご紹介します!



 

・自分の生活に合わせて、メインの1食を決める



会社に勤めていたら、8時間のうちに3食しっかり食べて
それを収めるのはほぼ不可能です。




そこで、朝食・ランチ・夕食のうち、
自分の生活に合わせてメインとなる1食を決めましょう。



朝型の人であれば朝食にたっぷりと時間を掛けるようにしたり、
残業が多めの人であれば昼食に重きを置くようにしたり、
早めに帰宅出来る人であれば夕食を楽しむようにしたり、
という具合です。




そもそも現代人はカロリーを摂りすぎと言われているので、
メインの食事が1つあれば残りは軽食でも問題ないそうなので、
メインの食事を決めて、それ以外はグリーンスムージーや
サンドイッチなどの軽食にすれば、8時間以内に収めることも可能です♪





 

・空腹は、飲み物や趣味、仕事で誤摩化す



8時間ダイエットは、食事を摂らない16時間をプチ断食状態にして
デトックスを促進させるという仕組みになっています。



そのため、16時間は固形物を摂らず内臓を休めることが何よりも大切。




空腹は、温かい飲み物をゆっくりと飲んだり、
趣味や仕事など何かに没頭して誤摩化したりしましょう。



それでも解消できない場合は思い切って寝てしまうのもアリですね。
早く寝るのに罪悪感を感じるかもしれませんが、
ダラダラと過ごすよりもメリハリが効いて
仕事もプライベートも生産性が上がりますよ♪



8時間ダイエットで、ダイエットの成功はもちろん
充実したライフスタイルを実現させましょう!



 

関連するカテゴリ

関連するタグ