疲れにくい体を作るには!?誰でも出来る簡単ストレッチ! 2014/03/28

新年度に近づき、環境が変化し、緊張が続く事も多いかと思います。 慣れない環境に身を置く事で、心身ともに緊張し、疲れやすくなります。  しかし、残念な事に現代人は疲れが抜けにくい生活をせざるを得ない状況にいます! そこで、現代の生活環境に打ち勝つために、疲れにくい体をつくる必要がありますね。  



■ 疲れにくいカラダとは一体?

ビジネスウーマン 考える



ずばり!代謝が高いカラダのことです!
代謝をよく聞くと思いますが、代謝には、基礎代謝と新陳代謝の2種類があります。 基礎代謝を上げる事で痩せやすくなり、新陳代謝を上げる事で美しくなれます。  



ここで言っている代謝とは、基礎代謝の事です。  基礎代謝に欠かせないものとして「クエン酸サイクル」があります。 クエン酸サイクルとは、体に取り入れた糖質をエネルギーに変換する働きの事です。 つまり、これが上手く行かないとエネルギーを生む事ができず、基礎代謝が上がりません。   クエン酸サイクルがうまくいかないと、基礎代謝が低下し、乳酸や脂肪がたまりやすくなり、疲れがたまりやすい体になるのです。  



クエン酸サイクルを改善し、基礎代謝を上げるためには、運動が必要です。 が、現代人にはまとまった時間を運動に取る事が難しいです。 そこで、簡単にできるストレッチをお勧めします! ストレッチの効果には、基礎代謝の向上・血流の良化が上げられます。 つまり、疲れにくいからだをつくるだけではなく、ダイエット促進・冷え性改善が見込む事が出来ます。  



ストレッチが疲れやダイエットに効果があるのはわかった! じゃあ、いつ・どんなストレッチをすればいいの? こんな疑問が生まれてくると思います。  



私のおすすめとしては、朝起きたときと、入浴後にストレッチをする事です! このタイミングで行うことでストレッチの効果が一番高くなります。   朝起きてすぐの代謝量を増やしておけば、1日の代謝量が高い状態で過ごす事が出来ます。 また、入浴後は、筋肉や血液が暖まっており、筋が伸びやすくなっています。 運動で考えても、ウォーミングアップして体が温まった方が、よく動くようになるのとメカニズムは同じです。
 



■ 誰でも出来る超簡単ストレッチ

attractive asian woman exercising on white background



朝は伸びが一番おすすめです! 伸びはベッドの上でもできちゃうし、代謝が上がるだけでなく、目覚めも良くなるので朝弱い人にもおすすめですよ!  



私も朝すごーーく弱いけど、これから紹介する方法を実践してみてからあら不思議。朝目覚めがぱっちりするようになったんです。 そんな私が実践している方法を紹介していきますね。

  1. 朝目覚めて、少しだけボーっとします。

  2. 両手をゆっくり上に伸ばします

  3. と、同時につま先を本当にゆっくり下に伸ばします(一気に伸ばすと足の裏をつるので要注意!笑)

  4. 痛気持ちよいところで5秒間止める!

  5. 首の後ろで手を組んでおへそを見ます

  6. 深呼吸をしてから、息をゆっくり吐きながら少しだけ上半身を起こして5秒キープします。

  7. これを3回セット!

※朝はまだ筋肉が固いので伸ばしすぎると体を痛めちゃうので要注意ですよ!  

3セットやっても、単純計算で30秒で出来ちゃいます。 実際はぼーっとする時間が長いので私はもっと時間かかっちゃってますけど(笑)  



でも、5分くらいで出来ちゃうのでほんとにおすすめですよ! 実際にやってみると効果が実感できますから!  体の中の血液がドバーって流れるのがよくわかりますよ! その血流が上がる事が、代謝を上げる上で一番大事なものなんです! 慣れてきたら5セットくらいに増やしても良いかもしれません。 でも、無理はダメですよ! ストレッチは細く長く続ける事が何よりも大事なんですから!  



じゃあ、お風呂上がり! お風呂上がりは、代謝を上げるだけじゃなくて、ついでに仕事で疲れた体を癒しちゃいましょう! ここでは特にこりやすい首肩・腰・お尻回りのストレッチを紹介しますね。



まずは首肩のストレッチ!

1. 片方の腕を反対の肩甲骨を触る。

2. 何もしていない手で肩甲骨を触っている腕の肘の辺りを押す
3. 息をはきながら、10秒キープ

→ 一緒に腰を回すと、より効果的になるので余裕がある人はやってみてね!

4. 頭の後ろで腕を組む。

5. 肘を後ろに引っ張って、息を吐きながら、10秒キープ
→ このとき肩甲骨が浮き出る事を意識しながら行うと良いですよ!

6. これを3回セット!  



次は腰お尻回りのストレッチなんですが、腰痛の原因は実はお尻のある筋肉が固まってしまう事なんです!  



その筋肉とは、どこの筋肉なのか?
実際に自分で触って感じてもらいたいと思います!  



というわけで、立ってみて下さい!
そしてお尻にギュッと力を入れてみましょう。お尻の側面がくぼんで、その上の部分が盛り上がっていると思います。 見つける事が出来ない人は、指でお尻を触りながら力を入れるとわかると思います。  



見つけたそのお尻の筋肉が腰痛を引き起こしている犯人です!
腰痛の犯人であるその筋肉を押してみて下さい。 腰痛がひどい人はこの部分がゴリゴリにこっているはずです。
ここをほぐしてあげる事で腰痛の大部分は解消されます。 ひとまず、ここをマッサージしてみて下さい! だいぶ楽になるはずですが、マッサージでは限界があるので、前置きが長くなりましたがこの部分を伸ばすストレッチを紹介していきますね!  



1. ベッドの上に寝て下さい

2. 足を胸につけるように両手で引っ張って下さい

3. その状態で、息を吐きながら5秒キープ

4. 寝たまま、腰をひねるように片方の足を逆側に持っていく
→ ここで注意なのは腰をひねりすぎないで下さいね!

5. その状態で息を吐きながら5秒キープ!

6. 次に、足を持ち上げて、そのまま膝を押して外側に向けるようにして下さい。

7. その状態で5秒キープ!

8. 今度は、膝を内側に向けるように足を外側に向けて下さい

9. その状態で5秒キープ  



これを両足で、最初はつらいと思うので1か2セットやってみて下さい。 がんばって1週間ぐらい続けていけば少しずつ余裕が出てくるので、3セットとかにしてもよいかもしれません。  



腰痛持ちの人が多いと思うので、腰お尻回りのストレッチを多めに紹介してみました。 私も実際に腰痛に悩まされていましたが、このストレッチを始めてから本当に楽になりました!  



最後の方は腰痛解消のストレッチ紹介になってしまいましたけども、 代謝を上げて疲れにくい体にする為にストレッチをすることで体の凝りも解消できるので、首・肩・腰の凝りがひどい私はつい力が入ってしまいました…。  



ストレッチをする際に一番大切な事は、筋肉を伸ばした後にリラックスさせることなんです。 力を入れてから緩める事で、血液が一気に流れるので、血流が良くなって、体が温まって代謝が良くなるんです。 その結果として、一番の目的である疲れにくい体になるんです!  



別の効果として、ダイエット効果だったり、冷え性の改善も見込めるんですね。 気分転換だったり、ストレス解消にもなりますし。   1日のうちに30分だけでもストレッチに時間を割くだけでこんなにいろんな効果があるんだったら今日から始めるしかないですよね? 新年度が始まる直前の今、普段の生活にストレッチを加えて疲れにくい体にしてしまいましょう! そうすれば、何かが生まれるかも? なんてこともあるかもしれませんね!  



そんな何かがあった時や、気分転換したい時は、エステとかに行くのもおすすめですよ。 プロの人のマッサージは本当に上手いですし、人にやってもらうのってすごく気持ちよいですから! 私もそろそろエステに行こうかなー、なんて思ったりしてます。  



みんなでストレッチして疲労とは無縁の人になって、仕事もプライベートも充実させちゃいましょう!!

関連するカテゴリ

関連するタグ